logo お部屋にインテリア感覚の回転式ラックを。
DVDやCD、ビデオ、コミック誌などをまとめて整理したい時や、お部屋をクールに決めたい時に、インテリア感覚の透明ラックはいかがでしょう。
  contents 組み立て方は、DEVIC3段と5段に共通です。ここでは5段を例にご紹介します。
 
     
最初に内容の確認から始めます。
packege DEVICが入ったパッケージです。   package_open   パッケージを開けてみます。
 
部品をすべてパッケージから出したらまずは、DEVICのベース台を確認。
底に回転盤が組み込まれ、これが360°の回転を可能にしています。
  nakabuta   スムーズに回転します。
 
nakabuta
ひっくり返すと、円盤とそれを固定するストッパーが見えます。   nakabuta
  表に返すと小さなコロが埋め込まれているのが分かります。
 
nakabuta 次に5枚の棚板を確認。   tenban   そして天板。
 
nakabuta 仕切り板は大と小がそれぞれ5枚ずつ用意されています。
これは(大 )です。
  nakabuta   これは(小 )。
 
stopper DVDやCDが倒れないように固定するスライド式のストッパーです。
全部で20個。
  stopper_up   スライド式のストッパーの拡大。
 
stopper 棚板と仕切り板を固定する上下ストッパーです。
全部で24個。
  kumitate1  

部品の確認が済んだら、組み立てに入ります。まずはベース台を用意します。

 
kumitate2 ベース台のミゾに合わせて、仕切り板の大をはめ込みます。   kumitate3   斜めから見たところ。
 
kumitate4 次に仕切り板の小を仕切り板大にセット。
それぞれのミゾ同士を合わせます。
  kumitate5   上下ストッパーで棚板と仕切り板を固定すします。全部で4カ所固定します。
※上下ストッパーの上・下を間違えないようにはめ込みます。
 
kumitate6

上下ストッパーでベース台と仕切り板を固定しました。

    仕切り板の上に棚板を乗せます。
同じように、この作業を繰り返していきます。
stopper   スライドストッパーは奥の方から差し込みます。
 
stopper2   ミゾに合わせストッパーつまみを押しながら移動させます。